崖っぷち女子の貧乏飯・借金まみれ残念ブログ

貧乏飯で借金返済ブログ

貧乏飯で借金返済・残念ブログ

借金返済生活

借金返済中の私が思う家庭環境

投稿日:

家庭のトラブルがあり、メンタルが落ち込みすぎてブログを書く気になれませんでした。

この10日間、なぜこんな目にあうのかとずっと過去を振り返りながら考えていました。

金銭感覚クズだけど温厚な父親金銭感覚しっかりの鬱母親の元に産まれた私と弟。

私が幼稚園の時には昼ドラのような修羅場を繰り返して別居、小学校高学年の頃には離婚していた両親。

弟は父親の温厚さと母親の金銭感覚しっかりを引き継ぎ、当の私は父の金銭感覚クズさと母の鬱を引き継いでしまった。

借金返済に追われるようになった家庭環境

記憶にある家族の仲の良かった記憶はたった一つしかありません。

父と母と私と弟、四人で布団でゴロゴロしながら笑ってる記憶。

その瞬間は本当に幸せだったんだと思う。

昔の写真を見ていると、いろいろな場所に連れて行ってもらっていたようだけど、記憶には何も残っていません。

北海道旅行、ディズニーランド、琵琶湖、近所の公園・・・

写真には残っているのにな・・・

それ以外の記憶は、白黒で全部忘れたいものばかり。

両親が怒鳴りあい、取っ組み合い、物が飛び交うなか、ずっと寝たふりしながら、時が過ぎるのを待っていた、私と弟。

今でも時々夢に見て、飛び起きることがあります。

父と母は離婚後も連絡はとりあい、私も弟も、戸籍上は父、生活は母とするという複雑な関係でした。

お金をせびりにくる父親

別居してからもしばらくは、家に養育費を入れてくれていた父親は、金銭的にきつくなると、たびたび、母親にお金をせびりにきていました。

母親も子供の父親だからと、お金を渡していたようです。

そんな父と母の下で育った私。

父は気が付いたら借金まみれになっていたようで、母はもちろん、弟、親戚、私からもお金を借りるようになっていました。

私の借金の中には父に貸したお金も含まれています。

父に生活ができなくてもう死ぬしかない

泣きつかれそう言われて、貸したお金。

なんだかんだで、積もり積もって50万位貸していますが、たぶん返ってこないでしょう。

そして弟に話を聞くと、弟はその、倍以上のお金を貸しているようでした。

私の弟は身内の私が言うのもなんですが、優秀で、資格持ちの高給の部類に入ると思います。

それでもそれは弟ががんばった証で、なぜ私にはそれができなったのだろうと本当につらく思う時が多々あります。

私にもそれができれば、こんな事にはなっていなかったのかと、後悔ばかりおそいます。

キラキラ女子を気取っていた時にはこんな借金まみれで、日々、借金返済に追われて、疲弊するような生活をおくる事になるなんて、まったく想像もしていませんでした。

借金返済を乗り越え、ここから這い上がっていける?

借金返済のことばかり考えて、貧乏飯で食べたいものも食べられず生活をしていると、健全な精神がすり減ります。

心の底から、もう一度、這い上がり、借金を返済して、完済し解放されたいと思っています。

またキラキラした日々を取り戻したい。

母親譲りの鬱気質がそうおもう心をじゃまする。

それでも、こんな私でももう一度頑張って、心から幸せだと思える日がくるのかな・・・

-借金返済生活

Copyright© 貧乏飯で借金返済ブログ , 2018 All Rights Reserved.